過払い金請求とは

借金は人からお金を借りることですので、必ず返さなければいけません。家族や親戚からの借金は返せなくなっても待ってもらうことができますが、銀行や消費者金融、カード会社などから借りたお金は簡単に待ってもらうことができません。借金を返すために更に他の会社から借金を繰り返す人も多く、このような状況になると返済がますます難しくなりますから、どうしても返済ができなくなった時は法的な手続きを行うことが必要です。これは自分ひとりで手続きできるものではありませんので、司法書士や弁護士へ相談に行くといくつかの方法を提示してくれるでしょう。

借りたお金には利息が加算されていきます。借金の金額が多いほど利息も高額となり、返済しても利息分が精一杯で元金が減らなくなってしまい、返済がいつまでも終わりません。特に消費者金融の利息は高額な場合が多いです。金利は法律で決められていて、出資法では29.2%が上限ですが、もうひとつの法律である利息制限法では20%とされていますので、この2つの上限の間の金利はグレーゾーンと呼ばれています。

平成22年に貸金業法の改正により出資法の利息の上限も20%となりましたが、それ以前に借金をした人は利息がこのグレーゾーンの範囲内に設定されている可能性があります。金利に関する裁判で最高裁判所がグレーゾーンの金利を事実上否定したため、貸金業者は取りすぎた金利を返済しなければいけなくなりました。この手続きを過払い金の請求と呼び、払いすぎた金利分の現金を取り戻すことができるので、借金返済に苦しんでいる人は自身に過払い金が発生するのか確認するといいでしょう。